全角ドメインの利用とアフィリエイトペナルティ

全角ドメインの利用とアフィリエイトペナルティ

ドメインをウェブサイトで利用する場合に効果的に検索サイトに注目されたいならいくつか注意したいポイントがあります。その一つが全角を利用したドメインです。アルファベット以外のドメインも増えていますが、海外向けのウェブサイトを目指すなら避けたいところです。多くのブラウザで漢字は表示できますが対応していないブラウザもあります。また、検索サイトにおいても海外向けのサイトでの全角使用はあまり評価されないケースもあります。世界に売っていきたいなら一般的なアルファベットによる取得がおすすめです。また、新規もしくは中古であっても取得時は検索サイトでのチェックをしておきたいです。検索サイトでのチェックは主にドメイン検索となります。この検索方式は検索サイトにインデックスがどのように張られていたかが分かります。新規に取得したから無いという場合もありますが、実は以前にウェブサイトがあった場合も多くあります。特に過去の使用履歴がある場合はカテゴリを合わせないとウェブサイトの価値が認められないケースがあります。インデックスされた履歴があったならキャッシュなどをチェックしてどのようなウェブサイトで利用されていたか確認しておきたいところです。キャッシュが残っている場合は特にアフィリエイトペナルティが行われていないか確認しておきたいです。検索サイトではアフィリエイトについて随時仕様変更をしています。ペナルティとなる範囲も変わってきますので最新のペナルティ項目をチェックしておきたいです。もし、アフィリエイトペナルティに該当するような履歴があった場合は取得を控えたほうがいい場合が多いです。履歴は引き継がれる傾向が強く、良い履歴は使いたいですが、問題がある履歴は避けたいものです。特に露骨なペナルティをしていたサイトは要注意です。続いてメールアドレスでもブラックリスト化されていないかを確認することになりますが、ペナルティをしているサイトはスパム扱いされているメールアドレスを運用しているケースが多いからです。全くの新規取得なら問題ないはずと思わず、ドメイン履歴はしっかりチェックしてから購入したいです。ウェブサイトはコンテンツ次第で評価は変わりますが、ペナルティを受けたサイトはかなりの時間ペナルティが解除されないケースが多く、新規サイトであってもペナルティを受けてしまうことが多く、ペナルティは解除申請がありませんので要注意です。